ペアーズメッセージ

ペアーズでマッチングしたはいいものの、メッセージが途中で途切れてしまう。ありがちなことです。私の場合、Bクラス以上の女性では、マッチングからデートまでの確率は3人に1人程度ですが、初期に比べればだいぶ打率は改善しました。そのコツを紹介します。

自分語りはしない

ペアーズで会った女性たちから聞くところによると、多くの男性諸氏は自分を良く見せたいがあまり「私はこういう者です、こんな能力があります」とひたすら自分語りのメッセージを送りつけてくるそうです。

これでは女性としてはつまらないですし、「あ〜こういうタイプね(=自己中、ナルシスト、必死君)」と思われてしまいます。結果としてメッセージの返信が途絶えます。

自分の話をしたい女性がむしろ多いので、引き出してあげることこそ大切です。ただし、相手を知ろうとするあまり、後述の「質問攻め」をしないように注意しなければなりません。

自分語りはしないけど、自己開示はする

自分語りをしないことは大切です。しかし、自分のことをまったく話さないのもよくありません。「私のことばかり聞いてくるけど、この人は何者?」と不信感が生まれてしまいます。相手を安心させるために、自己開示は必要となります。

自分語りはしないけど、自己開示はする。このバランス感覚はとても大切だと思います。
ひとつの方法としては、相手の話を中心にしつつ、自分の情報を添えていくイメージが失敗の少ない自己開示法になるでしょう。

具体的には「○○ちゃんは旅行は好きなんだね。最近どこか行った?僕は先月○○にいってうんぬんかんぬん」といった感じですね。

質問攻めにしない

「どこに住んでるんですか?」「仕事はなにしてるんですか?」「ペアーズで会ったことあるんですか?」「今まで何人くらい付き合ったんですか?」などなど質問攻めにすると嫌われます。「面接かよ!」と感じますし、なんならストーカーと思われてブロックされます。

コミュニケーションのきっかけとして質問をするのは自然なことです。ちょいちょい質問を挟むことは会話を促す上で必要です。ですが、質問文をいれずに会話のキャッチボールができれば、相手にストレスを与えずやり取りをおこなうことができます。

また、「自分ばかりが相手に質問している状況は、自分が追いかけている状態」ともいえます。女性は追いかけられると逃げます。

私は、「?」マークを入れる=「減点」だと意識しながらメッセージ文をつくっています。「この質問は今本当に必要なのか」「質問をしないで会話を膨らませられないか」「逆に相手が質問したくなるようなネタはないか」をシビアに問いかけます。それが結果として、相手の気を惹くことにつながっていくと考えています。

褒めすぎない

褒めることで女性にいい気分になってもらおう。好意を伝えよう。理解者を演じよう… 基本的には正しい方向性だと思います。しかし、褒めすぎることであるリスクが生じます。

褒めすぎるリスクとは「舐められる」ことです。

褒めるとは持ち上げること。間違えれば、相対的に自分の価値が下がるのです。そのため初期段階では、褒めつつも、後述のディスりを併用することが大切になってきます。

ディスる(いじってあげる)

ナンパ師の界隈では「ディスり」としばしば呼ばれます。女性をディスることで、相対的に自分の価値を上げるテクニックです。女性は価値の高い男を好みます。自分の価値が下がる(と錯覚する)ことで、相手の男がいい男に見えるというわけです。

これは受け売りですが、モデルをやっていた子に対して「あ〜ハンドモデルね」というと、その子の自尊心が下がります。その瞬間はちょっと気が悪くなるけど、男を見下して歩いていたその女が自分を上目遣いで見るようになる。だそうです。

とはいえディスるといっても、悪口ではなく、いじる感覚がいいでしょう。特にネット上では双方の顔が見えないため、微妙なニュアンスが伝わりにくいです。相手が気分を害してはメッセージの返信がなくなりますので、あるまで軽くいじってあげるくらいに留めるのが無難かもしれません。

ディスりは差別化にも有効

すごく乱暴にいうと、まわりの男性たちが「かわいいね」「付き合いたい」と言う中で、ひとり「ブスだね」「友達ならいいけどね」とかほざいてる男の方が、女性としてはむかつくけど気になるようです。
「この男、そんなにモテてるの?」「そんなにいい男なの?」という気持ちが生まれ、「この人はそこらの男と違う」と勝手に勘違いするに至るということです。

ペアーズでは、女性のメッセージボックスに大量のメッセージが届いています。「かわいいね」「スタイルいいね」「価値観が素敵です」「今夜どう?」… 女性は見飽きています。
そこで、例えば「ブスだね」というメッセージが届いていたら、とりあえず目立ちます笑 もちろんブスだねと言ってはいけませんが、軽いイジり文句が入っていると埋もれずに済むでしょう。

最後に、ジェントルマンたれ

ジェントルマン精神を第一としたメッセージが大切です。間違ってもスケベ心を出してはいけません。そもそも、あなたの心に助平は存在しないのです。自分にそう言い聞かせましょう。